• お問い合せ
  • 会社概要
  • 仲介業者様
  • オーナー様
  • ご入居者様
  • お部屋探し
  • HOME
地震保険のおススメ
東北の震災で注目された地震保険ですが、「いったい地震保険ってどんな保険?」
「オーナーにとってどんな風に役立つの?」「いまいち良く分からない。」
そういった疑問に当社の保険担当者がQ&A形式でお答えします。
そもそも地震保険とはなんですか?火災保険との違いは?
地震保険は地震・噴火・津波によって被った損害を補償します。

火災保険では引き受けの対象外なので地震・噴火・津波によって損害を被っても保険金はおりません。
(保険内容によっては火災保険に特約をつけることで見舞い金程度はでます)

たとえ火災で建物が焼失しても、火災の原因が地震であれば火災保険では保険金がおりません。

地震保険をプラスすることで地震保険部分より保険金がおりる制度です。

対象とできるのは居住用建物、その建物内の家財となります。
店舗兼居住建物も対象とできますが、店舗のみで構成されている建物は対象外となります。
また店舗内の商品や什器備品も対象外となります。
地震保険はかならず入らないといけないもの?また地震保険料は高くないですか?
いいえ。必ず加入しないといけない物ではありません。
ただし、全国民の方々が加入することを前提につくられた保険制度であります。

火災保険申し込み書の捺印欄を覚えてらっしゃいますか?
もしも火災保険申込書のコピーをまだお持ちであれば確認していただきたいです。
その捺印欄にはきっと次のように記載があります。

「地震保険契約を希望されない場合はご捺印ください

↑この文章をみて皆様はおかしいと思わないでしょうか?

大抵の申込書は「○○を申し込む場合は捺印してください」となっていますよね?
そうです、地震保険契約の場合は逆になってます。

これはなぜかというと、いざ保険金が降りるとなったらその保険金の中に国が積み立てたお金が含まれるからです。

「せっかく国が援助するといってるのにも関わらずあなたはいらないんですね?
だったらいらない事を捺印で意思表示してください」
という意味なのです。

地震保険料が高いか安いかについては地震保険料率によります。災害が頻繁に起これば保険料率は上がりますので、長年、災害が起こらなければ保険料率は低くなります。
ただし、地震保険というのは民間の保険会社と国が共同で運営していて、民間の保険会社は利潤をとらず、地震保険料部分は保険金の積み立てにまわる部分と必要経費のみで構成されることになっているので、必要最低限の保険料率となります。
そんなに良いものであれば地震保険だけに加入したい、もしくは火災保険の同額の保険金が降りるようにしたい。
残念ながら地震保険のみは加入できません。「地震に関する法律」により地震保険のみの保険加入はできません。
必ず火災保険とセットで加入となります。
(火災保険は単独で保険成立しますが、地震保険単体ではできません)

そして、最大保険金額についても同様の法律で
最大設定金額は建物価格の30%~50%かつ5,000万円以下の金額と決まっております。
他にどんな制約が地震保険にはありますか?
制約というわけではないですが、地震保険料が安くするための割引制度があります。

ただし、その制度を利用する為には建物登記簿謄本や建築確認書等、国・地方公共団体等が発行した公的な書類の写しの提出が必要となります。
適用できれば10%~30%保険料が安くなります。

また、契約年数にも制限があります。
火災保険はものによって長期契約が可能です。
(その分長期係数がかかり保険料が安くなります)
地震保険は最長5年契約となります。
(もちろん1年契約にくらべて5年分1割払いであれば保険料は安くはなります)
地震保険に興味をもたれた人はご自身の所有物件の地震保険の保険料を実際に計算してみましょう♪
Ranzグループ
株式会社 ミニテック西日本 株式会社ミニテック西日本
【 TEL 】 各営業所の電話番号をご確認の上ご連絡ください
【 MAIL 】 メールフォームへ